花壇を作った。

土地が狭いから、玄関から門までのアプローチは長くはないが、飛び石が置いてあって、玉砂利が敷かれている。

SN3U1891.jpg

そのアプローチの隣はコンクリートの駐車場。

考えてみれば門を出て外に出るということをしたことがない。
郵便配達の人や宅配便の人も門は使わない。
駐車場から直接玄関に来る。
駐車場と道路の間には塀はないし、ポールがあってチェーンが繋がれているが、簡単にまたぐことができる。
いちいち門を開けるよりも、そっちのほうが早い。

そこで、駐車場とアプローチの間に小さな花壇を作ることにした。
何を植えるかは決めていないが、とびとびに3か所の花壇を作った。
これは力仕事だった。
何しろ玉砂利が敷かれているので、それをのけても、土の中にその砂利が混じっている。
スコップを入れても土の中の玉砂利にぶつかって掘り起こせない。
小さなシャベルで、少しずつ掘って、一個一個取り除いた。
花壇の周りで囲んだ御影石のブロックは、前の家の持ち主が置いて行ったもの。
これが重いし、庭に置いていても邪魔なだけ。
でも役にたった。


SN3U1888.jpg


アプローチに作った花壇の向かいにも花壇がある。
現在、どちらも花はない。

花を植えることよりも、花壇を作るというその過程を楽しんだだけなので、結構満足している。
天気のいい暖かい日だったので、午前中いっぱいかかったが、気持ちがよかった。
私の家だから私はいいが、せめて宅配業者さんくらいは門から入ってきてもらいたい。
でも、やはり、花を植えてもそれをまたいでくるのだろうとは思うけれど。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へ
にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村
[ 2018/10/10 23:42 ] 庭にて | TB(-) | CM(-)
プロフィール

sofianohaha

Author:sofianohaha
5匹の猫たちを連れて、まったく知り合いもいない、私を知る人もいない小さな田舎町に引っ越しをしました。
質素にひっそりと暮らしている、ぼっち生活を綴ります。



現在、
移住して2年が過ぎました。
5匹いた猫は4匹になり、相変わらず猫中心のひっそりとした生活を継続中です。